有色トランス女性達が立ち上がり声をあげたストーンウォール暴動は1969年6月28日

有色トランス女性達が立ち上がり声をあげたストーンウォール暴動(米国ニューヨーク)は1969年6月28日。
米国LGBT運動の転換点としてよく言及されます。
今年はその50周年です。

ストーンウォール暴動から50年目の今年6月、映画の上映を含む企画がいくつかあります。
声をあげ闘ったトランス女性たちの姿をスクリーンで見てほしい。
そして、トランス女性たちが何を訴えているのか、知って欲しい。
トランス女性たちは、セクマイ内部のトランス差別とも闘ったことを知って欲しい。

以下、上の二つは関西クィア映画祭が協力している企画、三つ目の京都の企画は関西クィア映画祭が主催するミニ企画です。ぜひご参加下さい。

▼6/8土・東京PURX

『Happy Birthday マーシャ!』上映ほか

https://mobile.twitter.com/PURXinfo/status/1134013901840928768


PURX PRE-OPEN
映画上映 & レクチャー | 2000 YEN (ドリンク別)
東京都台東区竜泉1-1-2

▼6/29土・東京ウィメンズプラザ 視聴覚室
『Major(メジャーさん)!』上映会

ストーンウォール50周年記念 映画「Major(メジャーさん)!」上映会 | Peatix


上映会(1) 13時から14時半(開場:12時45分) 
上映会(2) 15時から16時半 (開場:14時40分)  
 ※2回とも同内容を上映します。
 ※上記サイトで前売チケット購入できます

 

▼6/29土・京都大学吉田寮食堂
ストーンウォール暴動50周年★関西クィア映画祭ミニ企画

【6/29 京都】ストーンウォール暴動50周年★関西クィア映画祭ミニ企画

==============================
この問題を考えるための参考までに、
書いておきます。
==============================

●「ゲイの暴動」と呼ぶことの問題

この「ストーンウォールの暴動」は、しばしば、日本語でも「ゲイの暴動」だと言われてきました。
しかしこれは正確な表現ではありません。より正確に、有色トランス女性達が立ち上がり声をあげた暴動だ、と認識し、表現することが、いま必要とされていると思います。
(シスジェンダーの)男性同性愛者を中心とした不適切な歴史観から抜け出すことが、今求められているのです。
トランス女性に対する差別は、社会全体だけではなく、セクマイ/LGBTコミュニティーの内部にも、当時から今もあり、それに抵抗することが今もまだ必要だからです。


●映画『ストーンウォール』は厳しく批判された

米国で2015年に作られた映画『ストーンウォール』は、白人のシスジェンダーの男性同性愛者を暴動の主人公にして描いたため、米国のセクマイ当事者たちから厳しい批判をあびました。それは歴史的な事実に反している、と。
実際、50年前に起きた「ストーンウォールの暴動」で最初に立ち上がったのは、プエルトリコ系のトランスジェンダー女性シルビア・リベラさんと、黒人ドラァグクイーンのマーシャ・P・ジョンソンさんだと言われています。
歴史の事実を歪めて作られた映画『ストーンウォール』は、まず何より「白人による横領(ホワイトウォッシュ)=有色人種への差別」であり、そして、シスジェンダーの同性愛者による横領(=トランスジェンダー差別)、男性による横領(=女性差別)でもあります。
今こういった批判が起きるのは、米国のコミュニティー内部にも、今も、有色人種への差別/トランスジェンダー差別/女性差別があり、それに抵抗することが必要だからなんだと思います。

【参考】

映画『ストーンウォール』が史実を無視しシス白人男性をヒーローに。ボイコットに2万人が署名 - 石壁に百合の花咲く




●英語の「GAY」と日本語の「ゲイ」とは意味が違う

英語で「GAY」は、「男性同性愛者」という意味で使われることもありますが、「男女という制度」や性別規範に外れる人たちを総称する意味で使われる場合もあります。50年前の「ストーンウォールの暴動」を英語で「GAYの暴動」と言う時には、後者の意味です。
しかし日本語で「ゲイ」と言った時には、それは「男性同性愛者」を主に指します。セクマイ全体を包括するような意味で、日本語の「ゲイ」という用語が使われることはほとんどありません。
だからこそ、「ストーンウォールの暴動」を日本語で「ゲイの暴動」と言ってしまうことは、事実に反する不適切な行為となります。
先にも見たとおり、そもそも「ストーンウォールの暴動」は「シスジェンダーのゲイ男性の闘い」ではありませんでした。でも日本語で「ゲイの暴動」と言ってしまうと、それは、「ストーンウォールの暴動」が「シスジェンダーのゲイ男性の闘い」であったと言ってしまうことになるからです。


●東京レインボープライドの不十分な記述

また、東京レインボープライドも、以下のように記載しています。

ニューヨークのゲイバー「ストーンウォール・イン」で、ゲイ(今でいうところのLGBTQ+)たちが警察の手入れに対し初めて抵抗し、それは数日間にわたる暴動に発展しました。いわゆる「ストーンウォールの反乱」です。

ABOUT TRP2019 | 東京レインボープライド

上記に書いたように、抵抗の主体として日本語の「ゲイ」を使用するという問題があります。
それに加えて「初めて抵抗し」と書くことで、「ストーンウォールの暴動」の前年にトランス女性たちが起こした「コンプトンズ・カフェテリアの暴動」の存在を消し去っています。トランスジェンダーの人たちの闘いを無視する不適切な態度です。東京レインボープライドには、(シスジェンダーの)ゲイ男性を中心とす歴史観に、明確に距離をとって欲しいと心から思います。
【参考】

コンプトンズ・カフェテリアの反乱 - Wikipedia


●日本のトランス女性への差別

日本でも、セクマイコミュニティー内部における、トランスジェンダーやトランス女性への差別は、続いています。
「WOMAN ONLY」を掲げるクラブが、法的に女性IDを持つトランス女性の入場を拒否して、トランス差別だと問題になっているのは、今年の東京での事件です。
【参考】

wezz-y.com




●日本の人種差別

米国のセクマイコミュニティーLGBT運動の内部における人種差別の話をするのが得意な活動家や学者/院生は一定数いますが、その同じ人たちが、日本社会や日本のセクマイコミュニティー/LGBT運動の内部にある日本の人種差別/民族差別に対して、同様に熱心に問題化するのを、ぜひ見てみたいとわたしは心から思っています。
国勢調査に関しての松浦参議院議員(当時)の国会質疑「セクマイだって日本国民」は、文字通り分かり易い外国人差別発言でしたが、これを批判する声は広がりませんでした。クィア学会は、学会発表を日本語に限定し、それが批判を受けても日本語要件を維持し続けるなど、分かり易い日本人中心主義を実践しました。
「私たち」の中でも、課題は山積です。
【参考】

京都スペシャル - 日本のレイシズム—朝鮮人差別への無関心 « 関西クィア映画祭[KQFF] 2012



 

6/29(土)に、京都大学吉田寮食堂で開催の

【6/29 京都】ストーンウォール暴動50周年★関西クィア映画祭ミニ企画

では、こういった問題についても取り上げていきたいと思っています。
ぜひ、お越し下さい。

ひびの まこと

==============================

「吉田寮は廃寮ではないが自治は容認できない」京大執行部が主張

京大執行部が2月12日に吉田寮に対する方針を発表し、記者会見を行いました。

この記者会見は、以下のように報道されました。

以下のテキストは、上記の京大執行部の方針を批判する「吉田寮問題にかかわる教員有志緊急アピール」に賛同する際に、メッセージとして付したものです。

 

なお、本日2月20日吉田寮自治会は「吉田寮の未来のための私たちの提案」を発表し、山極総長・川添理事宛に「表明ならびに要求」を提出しました

吉田寮自治会の「提案」「表明ならびに要求」は、現時点で出せるほぼベストの内容だと思います。吉田寮自治会、あなどりがたし。

 

 


 

吉田寮は廃寮ではないが自治は容認できない』京大執行部が主張」
「居住する条件は『自治を行わないこと』誓約が必要」
自治をやめれば住み続けてもいい 京大執行部が条件」


一般紙であっても、本来、新聞の見出しはこうあるべきだった。

 

▼川添副学長でさえ、これまでは曲がりなりにも「吉田寮生の安全確保」こそが目的だと言ってきた。しかし2月12日に京大執行部が発表した吉田寮に対する方針(と川添副学長の記者会見)は、吉田寮で行われている自治・自主管理や吉田寮自治会それ自体を解体することを、彼らが意図していることを宣言したものだった。少なくとも、吉田寮自治会と京大執行部の双方の主張を追ってきた者にとっては、今回の京大執行部の方針を直接読めば、それはあまりに明らかだった。


▼にも関わらず、新聞各紙の見出しは「京大、吉田寮新棟の居住認める 退去問題で一部方針転換(京都新聞)」などと、事実とは異なるイメージをつくり出すものだった。実際に私の友人も、新聞記事だけを読んで「吉田寮に今後も住み続けられるみたいだね(ハート)」などと言い出す人までいた。京大執行部による印象操作が、実に上手くいっていた。


▼そんな状況だったからこそ、この間の京大内部でのいきさつを知る教員達から『大学執行部の本当の狙いが「寮生の安全確保」ではなく、自治寮としての性格の解体である』と正確に指摘するアピールが出されたのは、時宜にかなったことだったと私は思う。


▼もう一つの見方として、吉田寮自治会の闘いの成果として「大学の指示を無視して新棟に住み続けた吉田寮生の居住を、条件付きではあるが大学に正式に認めさせた」という言い方もある。しかし「寮生の安全確保のため」に耐震性に何の問題もない吉田寮新棟からも出て行け—という京大執行部の従来の主張は論理破綻しており、そもそもその実現は困難だ。そこでむしろ逆に、「新棟からの全員退去強制はしない(できない)」というカードを、いずれ切らざるを得ないのであれば、できるだけ高く売りつけようとしているのが、今の状況なのではないか。


▼はじめから問題は「老朽化」「寮生の安全確保」ではなく、寮自治の破壊だった。大学の間違った指示に従うのではなく抵抗し、あくまで話し合いを求め続けた吉田寮自治会のこの間の闘いのおかげで、そのことを、彼ら自身が白状せざるを得ない状況にまで追い込んだ、と言うと言い過ぎだろうか。実際、「老朽化」が問題にされた現棟については川添副学長が「建築物としての歴史的経緯には配慮する。引き続き寄宿舎として使う」と言っており、吉田寮自治会との話し合いさえ行われれば、一定の合意を形成するのは、私には可能に思える。


▼逆にいえば、既に京大執行部でさえ、吉田寮は廃寮にはしない、建物は残すと言っている。そこまでは言わせることが出来たのだ。あとはそれが自治寮であるかどうかだ。京大執行部による管理か、それとも寮生による自治か。争点は明確になった。

 

▼もちろん、大学の自治をめぐっては、形だけ(になりつつある)とはいえ大学組織の意思決定過程に関与できる教員と、学生や市民達との間には、別の緊張関係がある。教授会自治ではなく、学生や職員も含めた大学自治へ。学生や教職員だけではなく、近隣住民や市民も含めた大学の自治へ。そういった実践を続けてきた吉田寮だからこそ、まさにその自治と自主管理の実践が、攻撃を受けている。


▼それはつまり、教授会自治さえ奪い、役員会などごく一部の人間によるトップダウンの大学運営を行おうとする者たちとの闘いであり、またそれを許している教員達との闘いでもある。その意味では、教員に過剰な期待は禁物だ。


▼役員会だけ、教授会だけ、教職員だけ、学生だけ、ではなく。近隣住民や市民も含めた大学の自治を、京都大学の場で作りだしていくために!それぞれの立場から、ともに闘おう!

 

トイレはどうあるべきかー「LGBTトイレ」や、「トランスジェンダーのため」「性同一性障害者に配慮して」のトイレではなく【GID学会】

来週末、3/24(土) 25(日)に東京で開催されるGID学会で、以下の報告をします。
報告では、関西クィア映画祭や以前の関パレ、クィア学会などでの事例に加え、いま大学当局による廃寮化攻撃を受けている京大吉田寮の全室個室トイレも紹介します。
GID学会での報告は、2008年以来10年ぶりかな。
私の報告は3/24(土)15:20〜16:20 の枠の「一般演題 1 : トランスジェンダーへの社会的支援」(第2会場/2F Terrace Room)です。
プログラムや日程表もダウンロードできます。
関東方面の方、交流しましょう!

トイレはどうあるべきかー「LGBTトイレ」や、「トランスジェンダーのため」「性同一性障害者に配慮して」のトイレではなく


LGBTトイレ」が意味不明で不適切なアプローチであることは、GID学会に参加している人には自明のことでしょう。
とはいえ、では具体的には、トイレとはどうあるべきでしょうか。


事実として、「男女という制度」はいまの社会に広範にあり、社会制度も建物構造も男女の二元論を前提として作られています。トランスジェンダー性同一性障害の当事者でも、「男女という制度」それ自体を支持したうえで、その制度内での人権や権利を主張する人たちがいます。他方、私のように、そもそも「男女という制度」や性別二元論それ自体を抑圧や人権侵害のカラクリだとみなし、「『男女という制度』を廃止すべきだ」「性別二元論自体をやめよう」と主張する人もいます。


実は私はこの二つのアプローチは当面どちらも必要なものであり、社会に対する運動の両輪であると思っていますが、ともあれ、こういった意見の違いが、ここ数年で解消するとは思えません。しかしその間も、私たちは毎日トイレに行きます。


LGBTのためのトイレ(って誰のためのトイレだ、一体。)」や、「トランスジェンダーのため」「性同一性障害者に配慮して」のトイレのあるべき姿を論じることがそもそも間違いの発端です。まず必要なことは、シスジェンダーに対する特別な配慮をやめること、シスジェンダーの特権をなくすことです。


上に見たとおり、性別についての様々な考え方が現に存在する今の日本社会において、性別という観点からできるだけ多くの人に公平なトイレとはどういうものなのか。イベントや集会や学会を開催するときに、一部の人の都合ばかりを優先させないためにはどうしたらいいのか。古い既存の設備しかないときにはどんな工夫ができるのか。


本来社会運動とは、現場での地道な取り組みの積み重ねです。最近では「派手に目立つこと」「メディアに取り上げられること」こそが「社会運動」であるかのような宣伝(プロパガンダ)が重ねられていますが、そんな権威主義的なものではない具体的な取り組みが、あなたの身の周りにはありませんか。
今回の報告では、具体的にどのような取り組みや代案が可能なのかを、関西でのいくつかの取り組み事例の紹介を通じて、提案します。是非、あなたの地域での具体的な取り組みについても教えてください。お互い知恵を出し合いましょう。

2018年 吉田寮 春季入寮募集宣言 Manifesto of Yoshida dormitory's recruits 2018 spr. 2018年 吉田寮 春季入住者招募宣言


京都大学自治寮である吉田寮が、今春も新規入寮者を募集しています。
なぜわざわざこんなことを書くかというと、京都大学当局から現寮生が退寮を要求され、加えて大々的に「吉田寮には入寮できない」とアナウンスされている中での、吉田寮自治会による入寮募集だからです。


2018年 吉田寮 春季入寮募集宣言
Manifesto of Yoshida dormitory's recruits 2018 spr.
2018年 吉田寮 春季入住者招募宣言
2018年2月22日
吉田寮自治会


また、吉田寮自治会が発行している入寮募集パンフレットに、以下の短文を寄稿しました。
今年は、沢山の寄稿があり、過去最大のページ数に及んでいます。
パンフレット全体はここでダウンロードできます(153MB)。

「(第1次) 在寮期限」の後のわたしの経験

 私が吉田寮に入ったのは1987年4月。つまり「(第1次) 在寮期限」の時です。その当時も大学は公式に「入寮募集停止」を決めていて、「吉田寮には住めません」との趣旨の掲示も出ていたような記憶もあります。でも、寮自治会が開催する入寮説明会に取りあえず行ってみたらたくさんの寮生が住んでいたし、大学の方針に抵抗しながら住むのも又なんか楽しそうだったので入寮しました。その後、河合隼雄学生部長との団交などを経て、1989年に吉田寮の存続を正式に勝ち取るのですが、ここでは、その後の話を少し書こうと思います。
 いま吉田寮に住んでいる人や、いまから吉田寮に入ろうと思う人にとって、吉田寮が、日本人や在日朝鮮人などの永住外国人だけが住む寮ではなく、留学生も住む寮であることは、当たり前のことになっています。しかし私が入寮した当時は、吉田寮自治会は留学生の入寮を認めていませんでした。
 実は、河合学生部長との団交の過程で、新寮を建てるとしたら混住寮にしよう、と学生部長の側から提案がありました。当時のわたし自身も、そして寮自治会としても、それまで留学生との混住寮については考えたことがなかったので、寝耳に水でした。その時は「建物を建てるときの学生一人あたりの基準面積が混住寮にすれば広くなる」などの理由が言われていました。しかしよく考えてみれば、特に私費留学生が経済的に特に厳しい状況にあるということは、すぐ気がつくことでした。いまから思い直してみると、当時の私たち吉田寮自治会は「経済的に厳しい人たちの学ぶ権利を保証するための厚生施設」という位置づけを掲げていながら、京大でおそらく最も経済的に厳しい状況に置かれうる層の人たちの入寮を認めていなかったのです。とても恥ずかしいことだったと思います。
 そういったやり取りも含む団交を経て、吉田寮の存続が公式に決まった1989年以降、わたしは、当然のことながら、吉田寮の入寮資格が留学生にもすぐに開かれるものだと思っていました。
 しかし、これが思いのほか、簡単ではなかったのです。
 とにかく、いろんな理屈をつけて、寮生大会で通らなかった。そもそも学生部が混住寮と言い出しているので、大学当局との関係から問題になる点はありません。詳しくは紙面の都合でここでは触れませんが、要するに、留学生を入れたくない、という人が実際に一定数いたのだとわたしは考えています。最終的には1990年7月から留学生の受け入れを開始したのですが、それは、団交の場で混住寮の話を初めて聞いてから、既に1年以上もたっていました。
 「自治」というのは、このような危うさもあるんだ、ということを、わたしは学びました。現に吉田寮に住んでいるという既得権を持っている人たちが「自分たちの生活」のことだけを考えていると、そこには「留学生との混住寮」という発想はなかなか出てきません。自治は、特権を持った人たちの既得権防衛として使われる/機能することもあるのです。その当時の吉田寮自治会は、いわゆる「正社員組合」だったのです。


 留学生の入寮募集を開始するにあたって、実はもう一つ、新たなテーマがありました。当時の留学生用の宿舎である国際交流会館(修学院)に行って事情を聞いてみると、配偶者や子どもなど家族と共に来日を希望する人のための家族部屋が国際交流会館には設備としてあり、実際に家族で入居して生活している人も居るということを知ったのです。もちろんその家族には、京大の学籍などはありません。これについては、留学生の入寮募集を開始した後も寮内で話し合いを続け、1994年度から「京都大学学生との同居の切実な必要性」が認められる者も入寮募集の対象にする事になりました。特定のイデオロギーに基づく「家族」という言葉を使わず、法的な婚姻などを要件とせず、吉田寮自治の立場からこれを言い換えて位置づけ直しているのが、素晴らしいと思います。いま各地で「LGBT」に配慮してどうこうするというのが流行ですが、そんなのが流行るずっと前から性別要件を問わない形での取り組みを吉田寮自治会はしていたことになります。


 留学生の入寮を認めるまでにも、時間がかかりました。同居を必要とする人の入居には、更に時間もかかりました。その意味で、確かに、自治のあり方は決して完全ではありませんでした。でも、時間をかけながら、確実により良い方向に、吉田寮を作っていくことができたこともまた、事実です。「(第1次) 在寮期限」のあとの、そういった取り組みに関われたことは、わたし自身にとっての大きな誇りです。


 新しく吉田寮に入寮される皆さん。そんな、いろんな経験を吉田寮で紡いでいってください。


ひびの まこと
hip@barairo.net
http://barairo.net/


PDF版ひびの まこと2.pdf 直

資料のリンク

吉田寮自治会の公式ウェブサイト
https://sites.google.com/site/yoshidadormitory/

吉田寮自治会による特設サイト「吉田寮を守りたい」
https://yoshidaryozaiki.wixsite.com/yoshidaryozaiki2017

▶緊急特集:吉田寮退去の「基本方針」を検証する(京都大学新聞)
http://www.kyoto-up.org/archives/2675

今年(2017年)もレインボーフェスタ!で展示します

以下の記事は去年の記事ですが、去年と同様に、明日、2017年10月7日(土)に、レインボーフェスタ!で、日本軍「慰安婦」問題のパネル展示を行います。
店番や設営のお手伝い募集です!

http://d.hatena.ne.jp/hippie/20161007/p1


チラシ.pdf 直

明日10/8(土)のレインボーフェスタ!で日本軍「慰安婦」問題の展示

 無理矢理に体を押さえつける場合だけがレイプなのではない。「強制連行がなかった」と主張することで日本軍「慰安婦」制度を免罪できると考える人達は、なにが性的な暴力であるのかを理解していない。
 性行為を拒否する自由がなかった「慰安婦」制度は、労働ではなく性奴隷制というべきものだ。にもかかわらず「慰安婦は売春婦だ」と主張する行為には、「売春婦は自由が制限されてもやむを得ない」という、セックスワーク性労働者に対する典型的な差別意識がある。
 仮に「男の性欲は抑えられない」のであれば、男が去勢手術をすればいい。女性を搾取対象として必要とする欲望は尊重される必要がない。という認識が社会的に共有されていないから、「兵士の性欲は抑えられない」と言うことで「慰安婦」制度を正当化できると思い込むことが可能になる。
 実際に日本軍「慰安所」で被害を受けた当事者が日本政府に謝罪を求めると「反日だ」とラベルを貼り、発言に耳を傾けない態度。そこには、今でも朝鮮への差別や植民地主義があるのではないか。
 もし本当に日本政府や日本社会が日本軍「慰安婦」制度の過ちを認めて反省するのなら、日本政府こそが自ら「平和の碑 (少女像)」を建立すべきではないのか。碑の撤去を求めるのは、自身の過ちを隠蔽するために他ならない。
 日本軍「慰安婦」のことは今では教科書からも削除され、昨年と一昨年に元慰安婦らが日本政府に提言を出した事実や、日韓政府間合意に反対する元慰安婦の声も、今は詳しく報道もされない。逆に、日本軍「慰安婦」問題そのものを「なかったこと」にしたい人達の流す情報が溢れてしまっている現在、メディアからもネットからも、必要な情報を自動的に受け取ることは困難だ。
 性的少数派が社会的に声をあげ始めた1990年代。その同時代に社会問題化した日本軍「慰安婦」問題も、性に関わる大きな不正義であり、私たち自身の課題として私たちの目の前に存在する。



 明日10/8(土)に、大阪の扇町公園で開催されるレインボーフェスタ!でブース出展し、日本軍「慰安婦」問題のパネル展示をします。ぜひ、見に来てください。
 準備や片付け、そして店番なども含め、当日のお手伝いも歓迎です。
(今年は車で会場に向かうので、京都からの同乗も可能ですよ!)